牧野肇のブログ

(株)ダイナミックセンターコア代表 牧野肇のちょっとまじめなことを書くブログです。

コンフォートゾーンを抜けるための2つの方法

こんにちは、牧野肇です(^^)

 

突然ですがみなさん、コンフォートゾーンとはなにかご存知ですか?

最近よく耳に聞く方もいるかもしれませんね。

「居心地がいい場所」という意味です。

 

今回はこんな記事に注目してみました。

headlines.yahoo.co.jp

 

人は一日5000回以上選択を繰り返しているそうです。

それも、その人にとってその時の「最良の選択」を。

たしかに「あえて明らかに悪い方を選ぶぞ!」なんて人は、そうそう居ないですよね。

 

では、「最良の選択」をし続けてきたあなたの人生は、今100点満点中何点でしょうか?

 

・・・もし「100点」と答えられなかったとしたら、なぜ最良の選択をしてきたはずなのに満点ではないのでしょう?

 

もしかしたらその答えはコンフォートゾーンの外にあるのかもしれません。

 

人として成長するための大きな一歩は、「コンフォートゾーン(居心地がいい場所)」の外へ踏み出し、リスクを負うことだ。ほとんどの人は、リスクを回避するようにできている。誰も居心地が良い場所の外へは出たくないものだ。想像することさえとても恐ろしく感じる。

 

誰しも新しいことをしてみるときは、期待と不安の隣り合わせです。

分かっていても、怖くてなかなか足が出ないという人も多いかもしれません。

そんなときはどうすればいいのでしょう?

 

コンフォートゾーンを抜けるための2つの方法

①読書

まずは読書など小さなことからチャレンジし、自分の視野を広げてみるのもいいかもしれません。

 まったく知らないより、知識だけでも知ってるほうが不安は減ります。

ちなみに読書が苦手という方へ。

読書のコツは目的をもって読むことです。

 

ただ「読んだ方がいいから読む」でも悪くはないですが、

「読んだ後に自分は少しでも人として成長しているかもしれない」

「本を読むだけで、人生変わる可能性あるのならラッキーだな」

のような簡単な目的があるだけで、内容の理解が変わります。

 

②知らない人と出会う

あともう一つ、大事なことはたくさんの人と出会うこと。

それも初対面の、自分とは違う職種、育ち、価値観、考え方を持つ人がいいです。

同じ会社の人だと、どうしても限られた価値観になりがちです。

まったく自分とは別な種類の人と出会うことで、自分の視野(器)が広がっていきますし、新しい発見があります。

僕自身、事業家としてのきっかけは、会社外の人との出会いからでした。

いろんな価値観があると、知ってはいても具体的どんな人なのか?

その価値観を持つようになったのはなぜなのか?

その人の背景を知り理解することで、新しいことに対して不安から期待へ変わって、チャレンジする意欲に変わってくるかもしれません。

 

そろそろ桜が咲く季節。

人が大きく動く時期です。

あなたもぜひ、新たな一歩を踏み出してみてください!

 

 ダイナミックセンターコア – 世の中の働きがいを創造し、夢の実現フィールドを提供する